ドメーヌ・ド・ショーモン・シュール・ロワール

published at 24/08/2017

ドメーヌ・ド・ショーモン・シュール・ロワールは、わずか数年にして、芸術と庭園の分野における拠点となりました。 

2007年に、国家遺産の地方自治体への移転に際してサントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏が当領地を取得して以来、ドメーヌ・ド・ショーモン・シュール・ロワールは、訪問者数の増加や国内外での知名度の高まりが示すように、極めて重要な発展をとげ、ロワール河畔の古城の数々の中でも「特異な」地位を獲得しています。

当領地は、ショーモン城という重要な歴史・文化遺産としての顔と、世界有数の国際庭園フェスティバルという造園による新しいトレンドの顔、そして、Centre d’Arts et de Natureおよび「現場で」制作される特別注文による現代アートのクリエイションという顔からなる、新しい「3つのアイデンティティ」を有しています。

ドメーヌ・ド・ショーモン・シュール・ロワールにおける文化遺産、芸術、庭園の3つのアイデンティティは、当領地をロワール河畔の古城の中でも類のないものにしており、専門家からは「室内」および「屋外」アートのフランス最大の拠点であると評されています。

また、当領地は、「Jardin Remarquable(優れた庭園)」、「Qualité Tourisme(クォリティの高い観光)」、「Centre Culturel de Rencontre(文化と出会いの中心地)」などの数々のラベルを取得しており、ミシュランガイドでは、文化イベントに関して3つ星を獲得しています。

当領地は、見学者を迎えるために、城全体に家具調度品を新たに設置し、現在、10か国語のオーディオガイドが利用できる見学コースでは、当邸宅のプルースト的19世紀末の雰囲気や、見事なタペストリーのコレクション、ニニ作の素晴らしいメダイヨンなどに興味を抱く人々を惹きつけています。

当領地はまた、見学者のために、芸術と自然の関わりをテーマに制作を行う世界の有名アーティストを招待しています。

さらに、当領地では毎年、権威ある国際庭園フェスティバルを開催しています。これは、庭園を見る・生きる新しい方法を模索する、未来の庭園のための実験の場、観察の場となっています。

ドメーヌ・ド・ショーモン・シュール・ロワールは、「総合的な体験」、「厳しい要求に応える調和した場所の堪能」、模範的な「フランス式洗練」を、人や環境に配慮しながらすべての訪問者に提供しています。

ユネスコの世界遺産に登録された景観の中で、ショーモン・シュール・ロワールでの忘れられない体験を味わってください。